tigでblame

blameは表示がちょっと複雑なので、tigで見るのが便利。

$ tig blame tools/ansible.md

コミットメッセージの修正

やっちゃったコミットを修正出来る。

git commit --amend

あと、良くあるのが、メールアドレスとかの設定を忘れていた時とかで、その場合は以下のようにしてメールアドレスとかをリセットしてコミットしなおせる。

git commit --amend --reset-author

git logを検索

git logは -G オプションでcommitの変更を検索出来る。 変更対象がどのタイミングで変更されたのか確認したい時にはblameよりも便利だったりする。

-p を付けると変更内容も確認出来るのでより分かりやすい。

$ git log -p -G'regex'

tigでも -G が使えるので便利。

tig -G'regex'

プロジェクトを検索

git grepを使えば、gitの管理対象のみを検索する事が出来る。

git grep "hoge"

defaultでは行番号がないので表示も出来る。

git grep -n "hoge"

また、特定のフォルダを対象にして検索も出来る。またフォルダ名に :! を除外して検索出来る。

git grep "hoge" -- tools/
git grep "hoge" -- :!tools/

また、特定のコミットでの検索も出来る。

git grep "git" 905c31761aae388b691ea72de8c2ec37704e05f7